納期日数計算

納期計算

納期計算 - 着物・上衣・羽織

受注日:

納品日:

お仕立てに関して
■お仕立は生地入荷後、正式受注より期間約50日 ※確認日を入れて60日を目安に納期をお客様にお伝えください。
■縫い紋+10日、マツイ縫い・スゲ縫い/一つ紋【19,800円】/三つ紋【39,800円】/五つ紋【64,800円】
■袴のチェック柄はフルオーダーになり、生地はプラス150cm必要。
■EASYオーダー、フルオーダー共に裄が78㎝以上の方は、S.M.Lの場合でも生地が420㎝必要になります。 
■フルオーダーは価格が異なります。EASYオーダーで3カ所以上変更がある場合は、フルオーダー価格になります。

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社では、誠に勝手ながら下記期間を年末年始休業とさせていただきます。

■2023年12月28日(木)~2024年1月3日(水)

休業期間中にお問い合わせいただいた内容につきましては、新年1月4日(木)以降に順次対応させていただきます。

休業期間中、皆様にご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈りいたします。

2024年も、変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

OEMに関して

着物屋栄時 OEMのご提案

OEMとは?

OEMとは「Original Equipment Manufacturing」の頭文字を略したもので、簡単にいうと他社ブランドの製品を製造することです。

一方、よく混同されがちなODMは「Original Design Manufacturing」の頭文字で、商品設計から製造までを委託する生産方法もしくは製造業者のことをいいます。

着物屋栄時ではOEMを行っております。OEMはアパレル業界の方なら、非常に馴染みのある言葉であり、他にも、化粧品や家電、食品、自動車業界などで普及している方法になります。

着物屋栄時のOEMの特徴

OEMの大きな特徴としまして、御社のブランドとして商品を販売、価格設定が可能です。

また、弊社のOEMの強みとして、簡単に着用できる袴の特許を取得しております。
この袴は他社からは出る事は御座いません。開発に3年、2023年時点で7年間の販売実績を思っております。販売先は大手百貨店、呉服専門店、オーダースーツ店と厳選された老舗の企業で取り扱われております。現在の所、事故やクレームは起きておらず、多くのリピーターの方に支えられております。また、袴の需要はインバウンドや海外での活動としても利用できるため全国各地からの問い合わせも増えてきております。

この袴は時代と共に進化を遂げ、袴としての本質と意義は変わらず、未来に受け継がれる日本の伝統衣装であります。

また、最大の特徴としてビジネスに着用する和装をコンセプトにスーツ生地を使用しております。スーツ生地は男性にとって身近で扱いやすく、ビジネスに着用するのにも違和感がなく、世界標準の洗濯表示を使用しておりますので、お手入れが簡単に出来ます。

使用に応じて生地を選び、様々なTPOにも対応しております。

OEMの流れ

  1. 打合せ
  2. ご契約
  3. 試着用サンプル ※納期約3ヵ月~4ヵ月
  • ロゴデザイン 
  • ネームタグ  ※作成まで最短2ヵ月
  • 洗濯表示   ※作成まで最短1ヵ月
  • パンフレット 
  • ホームページ
  • 社内用販売マニュアル

OEMにかかる経費

OEMを行うにあたって既に準備が整っている内容や不必要なものもあるかと思いますが、全て記述しています。

パンフレットが新しくなりました。

パンフレットが新しくなりました

2023年7月更新 パンフレットB5サイズ

デジタルパンフレット 

■パンフレットをご希望の方は、1冊50円になります。

▢オリジナルパンフレットご希望の場合

■基本デザイン変更なし、基本変更開所(ロゴ、住所、QR、価格) デザイン料:30,000円

■完全オリジナルデザイン 1ページ:25,000円+撮影がある場合はプラスになります。

■デジタルパンフレット1年間:25,000円

※印刷料金は別途お見積りになります。

EASYサイズ計算の使用方法

EASYサイズ計算ツールは、身体の測定値を使用して、着物、上衣、羽織、袴の各部分の尺と必要な布地の長さを自動的に計算します。

最初に身長、バスト、ウエスト、ヒップの測定値を入力します。
次に「計算」ボタンをクリックします。
以下に2つの例を示します。

例1:

身長:175cm、バスト:85cm、ウエスト:83cm、ヒップ:88cm

この場合、以下のような結果が得られます:

着物サイズ:L型、必要尺3.3M
上衣サイズ:L型、必要尺3.1M
羽織サイズ:L型、必要尺2.9M
栄時袴サイズ:M型(ウエスト76~84cm)                           
L型(丈86cm、対応身長172~178cm)、必要尺2.9M

例2:

身長:175cm、バスト:93cm、ウエスト:98cm、ヒップ:95cm

この場合、以下のような結果が得られます:

着物サイズ:L型(丈)、LL型(身幅)、必要尺4.8M
上衣サイズ:L型(丈)、LL型(身幅)、必要尺3.2M
羽織サイズ:L型、必要尺2.9M
栄時袴サイズ:LL型(ウエスト94~102cm)
        L型(丈86cm、対応身長172~178cm)、必要尺2.9M

これにより、体型に最適なサイズの着物や袴を選び、そのために必要な布地の長さを計算することが可能になります。

伝票にもEASYオーダの場合、丈L型・身幅LL型とご記入ください。

進化と不変を求めて

袴に込められた、先人達の念い

皆さん、こんにちは。

今日は、新しい袴の開発と研究を進める中で得た洞察について語りたいと思います。

「新しい事を始めるうえで、変えてはならないこと。そして、時代の変化と共に進化すること」。この二つが私たちが袴の研究開発を進める上での大きな指針となりました。

正直なところ、挫折しそうになる瞬間も何度もありました。しかし、そうした困難を乗り越えるたびに、原点に立ち返り、袴自体に問いを投げかけるようになりました。

袴はいつの時代に生まれたのか。何故、袴という字が生まれたのか。何故、袴がこの形になったのか。何故、袴をはくのか。そして、何故、私たちは袴を創ろうとしているのか。

これら一つ一つの問いから、「袴」と「誇り」の関連性に気付きました。それぞれの答えを追求し、謎が解けていくことで、袴の魅力にさらに引き寄せられていきました。

袴という字は、衣編(ころもへん)に「夸」と書きます。そして、衣偏を言偏(ごんべん)に変えると、「誇り」という字になります。袴には誇りが深く結びついているのです。

この洞察から、袴は単なる衣装ではなく、私たちの誇り、先人達の念いが詰まった象徴であると改めて認識しました。新しい袴の開発を進める上で、変えてはならない伝統と価値を保ちつつ、時代と共に進化していく新たな可能性を追求していきたいと思います。

皆さんも、袴に込められた先人たちの念いを感じ取りながら、その美しさと意味を深く理解し、誇りを持って身につけていただければ幸いです。

襞一つに見る日本の価値観

袴に込められた、先人達の思念

袴の特徴である五つの襞、そして後ろにある一つの襞、これらには深遠な意味が込められています。袴のこれらの襞は、私たちが何を学び、どのように成長するかを象徴しています。

5本の襞は、武士道の心得として知られる「五倫五常」――「仁・義・礼・智・信」を象徴しています。これらの価値観を身につけることで、「誠」の精神が培われるとされています。これは新撰組の羽織の裏に刻まれた「誠」の文字と同じく、儒教の教えを象徴しています。

また、袴には種類があり、神職が身につける袴では、「仁・礼・信・義・智」の順に並べられます。この順序は聖徳太子が制定した冠位十二階の順番と対応しています。これらの価値観を身につけることで、「徳」が身につくとされています。

私たちは、袴に込められたこの深いメッセージを受け継ぎ、さらに伝えていくことが大切だと強く感じています。袴がただの装飾品やコスプレとしてではなく、その歴史と文化の重みを伴った存在として理解されるべきだと考えています。

海外での見方が変わった今、日本人とは「情が深く、礼儀正しく、信頼され、真面目で、知恵を持っている」と定義づけられることがあります。そのような私たちの特性こそが、世界から注目される日本人の姿です。

袴は千年以上の歴史を持つ文化遺産です。時代と共に進化する「ワンタッチで簡単に」装着できる現代の袴も良いですが、私たちは袴に込められた先人達の念いを伝えていく使命を忘れずに、私たちは袴を一人でも多くの方に理解し、日本人である誇りを持って袴を身に着けていただきたいと思っています。